×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロードバイク(Road bike)

舗装路での高速走行に特化した自転車です。主にロードレースでの使用を通じて発達してきました。高速走行性能を最

優先に設計され、どろよけやスタンドなど走ることに不要な部品は基本的に装備していません。前照灯や後部反射板を

備えていない車両も存在します。溝が浅くて少なく幅の細い高圧タイヤを履き、走行抵抗の減少を図っています。基本的

にドロップハンドルと呼ばれる特徴的な形状のハンドルをもちます。部品、素材は開発が続けられており、自転車の中で

最も軽量化が進んでいます。

ロードバイクの原型が完成したのは1900年代頃と考えられる。当時はほとんどトラックレーサーと同じ構造でハンドルは

セミドロップハンドルに近いものだったが、1910年代に入るとロードレースに適したドロップハンドルが開発された。また、

この時代になるとダブルコグと呼ばれる左右で歯数の違うギアを装備したものが一般的となり起伏にある程度対応でき

るようになった。変速機もすでに登場していたが、ツール・ド・フランスでは禁止されていた。しかしダブルコグ式は坂に差

し掛かるたびに後輪を一旦外し、逆に取り付ける必要があった。さらにホイールの固定方法はウィングナット留めで、手

がかじかむと外すことができなかった。そんな中1930年代になると、現在のロードバイク用ハンドルとして一般的なマー

スバーが使われ始め1933年にウィングナット留めの欠点「手がかじかんで外せない」という点を補ったカンパニョーロの

原点とも言えるクイックレリーズが登場。4年後の1937年には、ツール・ド・フランスにおいて変速機が使用できるようにな

った。ちなみに当時はフロントはシングル、リア3速が一般的だった。(Wikiより引用)

>>ロードバイクの一覧はこちら>>

 
CHEVY(シボレー) 自転車 AL-CRB7006 700×32C ブルー

CHEVY(シボ…

¥27,800(税込)

CHEVY(シボレー) 自転車 AL-CRB7006 700×32C ブルー
CHEVY(シボレー) 自転車 AL-CRB7006 700×32C ブルーをカートに入れる
 
RENAULT(ルノー)自転車 700C CRB700C Single グリーン 【タウンバイク】

RENAULT(…

¥29,800(税込)

RENAULT(ルノー)自転車 700C CRB700C Single グリーン 【タウンバイク】
RENAULT(ルノー)自転車 700C CRB700C Single グリーン 【タウンバイク】をカートに入れる
 

>>>WACHSEN Collectionはこちら>>>

 
しかしこのような技術革新も第二次世界大戦によっ

て中断してしまうものの、1947年にツール・ド・フランスが再開されるとふたたび技術革新が始まり、フロントにも変速機

が付いた(ダブルギア)。変速機以外でも、リムが木製から金属製に変わるなどした。そして1950年頃になるとクランクを

逆転させて変速する必要がないスライド式のディレーラーが前後とも主流となったが、まもなくリアはタケノコ式のディレー

ラーに移り変わっていった。しかし1960年代初頭には変速性能が良いパンタグラフ式が前後とも主流になった。

1970年代に入ると、ロードバイク業界は一気に変化を遂げた。1971年にコンポーネントという概念を形にした「ヌーボレコ

ード」が発売され、翌年にはシマノがデュラエースを発売。カンパニョーロはこれに対抗して1973年に「スーパーレコード」

を発売するなど、かつてない程活発化した。1978年にはシマノが現在主流となっている「カセットフリー」(スプロケット)を

実用化。デュラエースEXシリーズの一部として発売された。1980年代以降、ロードバイクもマウンテンバイクで培われた

新しい技術を採り入れ、軽量化や新素材の開発も進み、信頼性・操作性が格段に向上した。

RENAULT(ルノー) 自転車 AL-CRB7021 700インチ

RENAULT(…

¥36,800(税込)

RENAULT(ルノー) 自転車 AL-CRB7021 700インチ
RENAULT(ルノー) 自転車 AL-CRB7021 700インチをカートに入れる
 
クロスバイク

自転車の車種のひとつ。オフロード用の自転車であるマウンテンバイクのパーツをベースに、整地走行向きに仕立てたも

の。一般的には、700Cというタイヤサイズ、フラット型のハンドルバーという特徴がある。

トレッキングバイク、フィットネスバイク、スピードバイク、アーバンバイク、コンフォートクロスなど、メーカーによって様々な

呼び名がある。廉価なシティサイクルより若干高級な街乗り用として設計されたものから、ロードバイクやマウンテンバイ

クをベースにしたものまで、幅広いモデルがある。

クロスバイクは1980年代半ば、マウンテンバイクをライト感覚に振り、オンロードでの快適性を向上させる目的で登場し、

CATと命名された。登場から数年はクロスオーバーバイクとも呼ばれており、この名称に当時のクロスバイクの定義をみ

ることができる。当時は、クロスバイクのラインナップは各社ともに僅かであったが、1990年代MTBが斜陽化し、不況とな

った為、1990年代半ばより各自転車販売会社はクロスバイクの販売に力を入れるようになり、現在では各社から多くの

製品が発売されている。(Wikiより引用)
 

 
RENAULT(ルノー)自転車 700C CRB700C Single ホワイト 【タウンバイク】

RENAULT(…

¥29,800(税込)

RENAULT(ルノー)自転車 700C CRB700C Single ホワイト 【タウンバイク】
RENAULT(ルノー)自転車 700C CRB700C Single ホワイト 【タウンバイク】をカートに入れる

>>クロスバイクの一覧はこちら>>

 

>>>WACHSEN Collectionはこちら>>>

 

マウンテンバイク(mountain bike、MTB)

荒野、山岳地帯等での高速走行、急坂登降、段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応して、軽量化並びに耐衝撃性、

走行性能および乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車[1]のこと。舗装路でも広く利用されており、用途に

よって様々な形態が存在する。

1970年代後半にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ郊外のマリン郡で、ヒッピー達がビーチクルーザーや

実用車などに太いタイヤをつけ、急勾配の山を下りタイムを競った遊びが始まりと言われている。同時期に北カリフォル

ニアでも同じ遊びが発生していたが、一般的にマリン郡がマウンテンバイク発祥の地とされるのは、同郡マウント・タム

(タマルパイアス山)で行われていた当時最大のレースによるところが大きい。

初期の改造ビーチクルーザーは必ずしも完成度は高くなく、あまりの重さで変速もないために山に登る時は押して歩き、

下り坂で乗って遊んだが、そのたびに車輪がゆがんだり外れたりしたものだったらしい。またこのような新しい自転車は

まだ名前などなく、各自が「クランカー(clunker -「ガラクタ」の意)」「バルーナー(balooner)」「ボマー(bomber)」と様々に

呼んでいたらしい。

そうして遊んでいるうちに如何に速く未舗装の山道を下るかという競技らしきものになった。しかしながら前述のように車

体の強度が低いため山を下るたびに過度の衝撃でヘッド部やハブのグリースが焼けて燃えてしまい、その都度グリース

の詰め替え(リパック)しなくてはならないようなものであった。この事からこの競技は当初「リパック (Repack) 」とも呼ば

れ、地域の自転車好きに新しい遊びとして浸透していった。(Wikiより引用)


WACHSEN(ヴァクセン) 折り畳み自転車 BM200-BYL 26インチ 18段変速 ブラック/レッド (マウンテンバイク)

WACHSEN(…

¥20,790(税込)

WACHSEN(ヴァクセン) 折り畳み自転車 BM200-BYL 26インチ 18段変速 ブラック/レッド (マウンテンバイク)
WACHSEN(ヴァクセン) 折り畳み自転車 BM200-BYL 26インチ 18段変速 ブラック/レッド (マウンテンバイク)をカートに入れる
WACHSEN(ヴァクセン) 折り畳み自転車 BM200-BYL 26インチ 18段変速 ブラック/イエロー (マウンテンバイク)

WACHSEN(…

¥20,790(税込)

WACHSEN(ヴァクセン) 折り畳み自転車 BM200-BYL 26インチ 18段変速 ブラック/イエロー (マウンテンバイク)
WACHSEN(ヴァクセン) 折り畳み自転車 BM200-BYL 26インチ 18段変速 ブラック/イエロー (マウンテンバイク)をカートに入れる

>>マウンテンバイクの一覧はこちら>>


お買い物の流れ決済・配送・納期についてカートを見るFAQ返品について

お問合せ対応時間お買い物についてのお問い合わせサイト運営者について